Topics

週末や連休など多くの人が集まる日程

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19-06

添乗員付きの場合、全日程を添乗員と共に過ごすことができ、また観光スポットも案内しているため安心で便利なのですが、その分自由行動が瑣少というデメリットがあります。ただのみツアーといいまして、その種類は多種多様あります。

最近では宿泊先や交通などを個人で手配するよりも、ツアーに申し込みをした方がお得で、自由に移動出来る個人型ツアーが注目されています。次に「パッケージツアー」と「手配旅行」についてですが、前者の場合、目的地や日程などの旅行内容を全て旅行代理店が決め、様々なプランが用意されています。

中止を回避するためには、事前に申し込み状況を確認しておいたり、週末や連休など多くの人が集まる日程を選ぶなど工夫してみてください。大きく別けますと宿泊先と交通のみがセットになった「個人型ツアー」、そして添乗員と共に各所を回る「添乗員付きツアー」です。

後者は、宿泊先や交通、日程などを旅行者が決めて、旅行代理店が代理に手配をするものです。低価格で販売しているツアーほど最少催行人数が少なく設定されていることが一杯のでご注意ください。

ここで注意したいのがパッケージツアー利用時で、最少催行人数が決められているツアーもあり、中には30名といった大人数が集まらなければ中止となるケースもあります。

関連記事